HOW TO MAGIC

練習とは、自分の動きやテクニックを研究して「怪しげな箇所を取り除き、

自然で思うような動きができるまで」練り上げるプロセスなのです。 

 

技法や動きの不備な箇所を直すには、鏡を用いたり、ビデオテープにたよったり、

家族や友人に見てもらい、部分、部分を正確にチェックします。 

繰り返しの練習で、指や身体が無意識のうちに、しかるべき動きをして

自分なりに納得できる感じが得られたなら、それらを構成して作品(手順)を

作り、リハーサルを行います。 

 

練習とリハーサルを混同しないで下さい。

練 習

©北見マキ ミステリー空間